KPMG Insight Vol.31/2018年7月号 | KPMG | JP
close
Share with your friends

KPMG Insight Vol.31/2018年7月号

KPMG Insight Vol.31/2018年7月号

KPMGジャパン発行のニューズレター「KPMG Insight」は、監査、税務、アドバイザリーの3つの分野のプロフェッショナルが、それぞれの専門知識やスキル、グローバルネットワークを活用しながら総力を結集して、国内外の会計・監査・税務・経営に関する知識や最新動向等を解説しています。

関連するコンテンツ

特集:地政学リスクマネジメント~日本企業に迫る海外戦略の再考

保守主義の復興により、アメリカ中心のグローバリズムが終焉を迎えようとしています。中東や東ヨーロッパでの局地紛争や、中国の台頭、競争ルールの変化などもともない、世界の経済情勢は緊張感を増す一方です。

一方、日本国内では生産人口の減少や少子高齢化により、国内市場が縮小の一途をたどっています。そこで日本企業は、新興国市場への活路を模索しているところです。地政学リスクが高まるなか、日本企業が海外でのビジネス展開で勝ち抜いていくためにはどうしたらよいのか。ここでは、これから海外で戦っていく日本企業に求められる要件について、現地企業とのパートナリング、グループガバナンス、税務の視点からご説明します。

KPMG Insight

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信