Insurance - IFRS第17号「保険契約」への移行 | KPMG | JP
close
Share with your friends

Insurance - IFRS第17号「保険契約」への移行 - CSMの測定 - 2018年2月、5月のTRG会議及び6月のIASB会議の概要

Insurance - IFRS第17号「保険契約」への移行

保険会社は、カバー単位を決定するにあたり、各期間に提供されたサービスを反映する体系的かつ合理的な方法を設定する必要がある。直接連動有配当契約については、カバー単位に、提供した保険サービスと投資関連サービスの両方を反映する必要がある。またTRGメンバーは、投資要素を持つ直接連動有配当契約以外の保険契約についても、カバー単位を決定するにあたりどのようなサービスを考慮すべきか討議した。

関連するコンテンツ

投資要素を含まない保険契約(TRGの2月及び5月の議論)

カバー単位を決定する際は、提供される給付の量と予想カバー期間の両方を考慮しつつ、どのような要素を考慮すべきかが論点となる。

投資要素を含む保険契約(IASBの6月の議論及びTRGの5月の議論)

様々な保険契約が投資に関連したサービスを提供している。このような契約について、カバー期間とカバー単位は保険カバーのみを反映すべきか、または保険カバーと投資関連サービスの両方を反映すべきかが、論点となる。

英語コンテンツ(原文)

参考情報へのリンク(外部サイト)

執筆者

IFRSアドバイザリー室
ファイナンシャルサービス本部

このページに関連する会計トピック

会計トピック別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

このページに関連する会計基準

会計基準別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信