国税庁 - 電子申告の義務化に関する情報を公表 | KPMG | JP
close
Share with your friends

国税庁 - 電子申告の義務化に関する情報を公表

国税庁 - 電子申告の義務化に関する情報を公表

2018年度税制改正において、一定の内国法人の法人税等の申告は電子情報処理組織(国税はe-Tax)により行わなければならないこととされる(電子申告の義務化)とともに、電子化促進のための環境整備(利便性向上施策等)も随時実施されることとなりました。

関連するコンテンツ

国税庁はe-Taxのページに「大法人の電子申告の義務化の概要について」というページを開設し、これらに関する情報を掲載していますが、6月29日、以下の内容に関する新たな情報が掲載されました(「大法人の電子申告の義務化の概要について」の掲載内容の更新について)。

内容

  1. 勘定科目内訳明細書の記載内容の簡素化
  2. CSV形式による提出が認められる明細記載を要する部分がある法人税申告書別表等
  3. その他

KPMG Japan e-Tax News No.157 掲載

e-Tax News

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信