恒久的施設の定義の明確化 | KPMG | JP
close
Share with your friends

恒久的施設の定義の明確化

恒久的施設の定義の明確化

イタリアニューズレター - 税務当局のガイダンス(Guardia Di Finanza)および裁判所の最近の判決により、2018年予算法によって改正された恒久的施設(Permanent Establishment, PE)の定義がさらに明確化されています。

関連するコンテンツ

ガイダンスは特に、OECDの税源浸食と利益移転(BEPS)プロジェクトの行動7(恒久的施設認定の人為的回避の防止)と、イタリア国内法を2017年版OECDモデル租税条約に整合させるために2018年予算法によって導入されたPEの新しい定義が初めて公式に明文化されたものであり、イタリアにおいて頻繁に行われる多国籍企業の隠れたPE(子会社に隠れたPEなど)の認定等に関連するため重要であると言えます。
明確化されたPEの定義の詳細につきましては、リンク先のKPMG Tax Alert(英語)をご参照ください。

Italy: Administrative guidance, court cases clarifying definition of permanent establishment

イタリアニューズレター

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信