チェコ Tax & Legal Update ニューズレター(2018年6月号) | KPMG | JP
close
Share with your friends

チェコ Tax & Legal Update ニューズレター(2018年6月号)

チェコ Tax & Legal Update ニューズレター(2018年6月号)

チェコにおける事業展開を考察する際に参考になるような最新動向を、Tax・Legal・Case Lawに区分し、それぞれのトピックにおける日本語要約版および英語解説文(ウェブリンク)を紹介します。今回は、2019年税制改正、労働検査の統計について概説します。

関連するコンテンツ

Tax

2019年税制改正:新しい報告義務と権利濫用の概念
2019年の税金改正案は、2月以降の外部コメント手続を経て、政府に提出される予定です。外部コメント手続により、いくつかの変更が加えられ、財務省は、海外への所得流出を報告する新たな義務を加え、権利濫用の概念を明確にしました。特にこれらの変化は何を意味し、納税者にとって何を意味するのでしょうか。

Changes to 2019 tax package: new reporting duty and abuse of right concept

Legal

労働検査の統計:労働法違反は割に合わない
労働法規制遵守検査の公表された結果によると、昨年、労働基準監督署は、約2万5000件の査察を実施し、罰金約218百万CZKを徴収しました。検査官は主に、従業員派遣、外国人の違法雇用、シュバルツ・システム、労働安全衛生の保護に重点を置いていました。統計ではまた、最近の傾向が確認されており、検査の大部分は内部告発が引き金となっています。

Labour Inspection’s statistics: breaches of Labour Code not worthwhile

チェコニューズレター

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信