消費税 ― インボイス制度に関する通達・Q&Aの公表 | KPMG | JP
close
Share with your friends

消費税 ― インボイス制度に関する通達・Q&Aの公表

消費税 ― インボイス制度に関する通達・Q&Aの公表

2019年10月1日に予定されている消費税率の8%から10%への引上げに伴い、飲食料品の譲渡等については軽減税率を適用する複数税率制度が導入されます。また。複数税率制度のもとで仕入税額控除を適正に行うため、適格請求書等保存方式(インボイス制度)も導入され、2023年10月1日から適用が開始される予定です。

関連するコンテンツ

これを受け、国税庁は6月13日、インボイス制度に関する通達・Q&Aを公表しました。
このe-Tax Newsでは、国税庁から公表された通達・Q&Aの概要、その他の関連情報についてお知らせいたします。

KPMG Japan e-Tax News No.156掲載

e-Tax News

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信