「収益認識に関する会計基準」に対応した改正法人税基本通達等の公表 | KPMG | JP
close
Share with your friends

「収益認識に関する会計基準」に対応した改正法人税基本通達等の公表

「収益認識に関する会計基準」に対応した改正法人税基本通達等の公表

企業会計基準委員会は2018年3月30日、収益認識に関する包括的な会計基準となる企業会計基準第29号「収益認識に関する会計基準」を公表しました。これに伴い、2018年度税制改正では、法人税における収益の認識時期等に関する見直しが行われています。

関連するコンテンツ

これを受け、国税庁は6月1日、「収益認識に関する会計基準」の導入に伴う改正に対応した改正法人税基本通達等を5月30日付けで公表しました。
このe-Tax Newsでは、改正法人税基本通達の概要等についてお知らせいたします。

内容

  1. 改正法人税基本通達の概要
  2. 「収益認識に関する会計基準」への対応について

KPMG Japan e-Tax News No.154掲載

e-Tax News

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信