Thought Leaders対談 Part1 | KPMG | JP
close
Share with your friends

KPMG Energy & Infrastructure Group Presents, Thought Leaders対談 Part1

Thought Leaders対談 Part1

2018年3月22日、KPMGジャパンエネルギー・インストラクチャーグループは、筑波大学准教授でメディアアーティスト、ピクシーダストテクノロジー社代表取締役の落合陽一氏、フューチャリストのマイク・ウォルシュ氏、そして新たな形地の電力のあり方を追求するベンチャー企業、みんな電力のCOOである三宅成也氏を迎え、対談を行いました。Part 1では、「デジタライゼーションがもたらすエネルギー業界への影響」をテーマにディスカッションを実施しました。

関連するコンテンツ

対談では、破壊的技術やデジタライゼーションが変革しうる電力業界の将来像に関する示唆、また、電力という枠を超えて、デジタル化により社会や組織と人材の関係性の変化、そして流動化による人材活用の最適化の可能性を議論しました。それぞれ異なる分野でご活躍する三者により2030年の日本の未来について活発な議論展開が行われ、非常に興味深い内容となっておりますので、ぜひご覧いただき、皆様のビジョニングや戦略のご検討にお役立ていただければ幸いです。

スピーカー

ピクシーダストテクノロジーズ株式会社
代表取締役/筑波大学准教授 落合 陽一 氏

Tomorrow Ltd.
CEO マイク・ウォルシュ 氏

みんな電力株式会社
COO 三宅 誠也 氏

モデレーター

KPMGジャパン
エネルギー・インフラストラクチャー事業室
室長/マネージング・ディレクター 関口 美奈

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信