2018税務調査の動向 | KPMG | JP
close
Share with your friends

2018税務調査の動向

2018税務調査の動向

ベトナムニューズレター - ベトナム税務当局は2018年税務調査のマスタープランを作成しました。当プランでは、89,000社を超える企業(前年比18.5%増加)が税務調査対象になる旨が記載されています。

関連するコンテンツ

税務調査のリスクは高くありませんか?

2018年国家予算へより多く貢献するために、ベトナム税務当局は税務調査のマスタープランを作成しました。主な内容は以下のとおりです。

  1. 国家予算における税収をより高く設定し、より多くの税務調査対象を選定します。2018年の税務調査対象会社数は、各省市を合計して18.5%増加します。
  2. 税務当局はより多くの税金回収のために、税務調査期間において、法規制をより深く理解するとともに、より積極的になります。また、税務調査のトリガーは多様化されます。特に、VAT還付/控除、税優遇、移転価格、資本譲渡、サービス輸出に係るVAT、保証付輸入物品取引に係る外国契約者税等の論点に注力します。
  3. 移転価格税務調査の件数は増加傾向にあります。
  4. 全ての業種の外資企業及びベトナム企業を対象に実施します。2018年において、89,000社を超える企業が税務調査対象になります。特に以下の分野を重点的に対象とします。
    ・外資企業
    ・石油&ガス
    ・鉱業
    ・不動産
    ・プロジェクト移転
    ・Eコマース
    ・多額の税金還付
    ・移転価格

税務調査対応の準備はできていますか?

  • 実務上、税務調査は、複雑であり、時間、労力を要します。
  • 適切な準備または税務当局の質問及び要求される手続に対する予測ができない場合、貴社の事業運営、財務数値に影響を及ぼす可能性があります。また、翌年度に再度調査が実施される可能性もあります。
  • 貴社が税務調査対応の経験が十分でない場合、税務調査のプロセスはより複雑かつコストを要する可能性が高まります。

KPMGベトナムニューズレター/TAX AND CORPORATE SERVICES

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信