FASB - リースの基準書に関する新しい移行措置及び貸手の実務上の簡便法を承認(英語)(米国基準) | KPMG | JP
close
Share with your friends

FASB - リースの基準書に関する新しい移行措置及び貸手の実務上の簡便法を承認(英語)(米国基準)

FASB - リースの基準書に関する新しい移行措置及び貸手の実務上の簡便法を承認(英語)(米国基準)

Defining Issues 18-03 - このDefining Issuesは、FASBが2018年3月28日に開催したボード会議において、リースの基準書の限定的な改善を承認したことについて記載しています。

関連するコンテンツ

KPMG InternationalのU.S. メンバーファームは「FASB approves new transition method and lessor practical expedient for leases standard」を公表しました。

FASBは、移行措置及び貸手がリース要素とリース以外の要素とを分離するための実務上の簡便法を追加する改訂を承認しました。また、売上税及び借手による貸手のコストの支払に関連する貸手についての適用上の論点に対応する追加的な改訂を提案することを決定しました。

このページに関連する会計トピック

会計トピック別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

このページに関連する会計基準

会計基準別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

Defining Issues

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信