インドネシアでのRPA導入におけるリスクと対応のポイント | KPMG | JP
close
Share with your friends

インドネシアでのRPA導入におけるリスクと対応のポイント

インドネシアでのRPA導入におけるリスクと対応のポイント

人件費の上昇やオペレーションミスの多さなどの経営課題に対する解決手段として、インドネシアにおいてもRPA(ロボティクス・プロセス・オートメーション)を導入する企業が増えてきています。

関連するコンテンツ

RPAは高度なプログラミングが不要であるため、低コストでかつスピーディーに導入できるという導入容易性は魅力の1つですが、それ故に、導入に係るリスクが見落とされがちです。本稿では、RPA導入に係るリスクとその対応策例について解説しています。


RPA導入におけるリスク

  1. 業務がブラックボックス化するリスク
  2. RPA使用できない時に業務が停止するリスク
  3. 他システムの影響によりRPAが使用できない・誤作動が発生するリスク
  4. 処理ミスを検知できないリスク
  5. 情報漏洩等の情報セキュリティに係るリスク

詳細については、PDFでご紹介しています。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信