2018年予算法による個人課税に係る規定 | KPMG | JP
close
Share with your friends

2018年予算法による個人課税に係る規定

2018年予算法による個人課税に係る規定

イタリアニューズレター - 2018年イタリアの予算法には、富裕層(High-net-worth individual)の課税に影響を及ぼす可能性のある規定が含まれています。主な項目は以下のとおりです。

関連するコンテンツ

  • 特定株式の譲渡益および配当課税の改正(税務居住者/非居住者を問わない)
  • 土地および株式について任意選択が可能なステップアップ制度の選択期限の延長
  • 国境を越えた労働者や以前に外国の税務居住者であった個人に対する優遇措置
  • 恒久的施設(PE)の定義の改正(外国企業に代わって契約締結などの活動を行う個人が代理人PEとみなされる、など)
  • タックス・ヘイブン国の企業に対する投資所得に係る課税の改正
  • 証書に適用される登録税の新規定
  • 個人所得税の申告書提出期限の設定(2018年10月31日)
  • ソーシャルレンディングによる利息収入を資本所得とする新規定
  • 業績連動型株式報酬の譲渡益に対する課税処理


2018年予算法による個人課税に係る規定の詳細につきましては、リンク先のKPMG Tax Alert(英語)をご参照ください。

Italy: New tax law measures affecting individuals

イタリアニューズレター

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信