KPMG Insight Vol.29/2018年3月号 | KPMG | JP
close
Share with your friends

KPMG Insight Vol.29/2018年3月号

KPMG Insight Vol.29/2018年3月号

KPMGジャパン発行のニューズレター「KPMG Insight」は、監査、税務、アドバイザリーの3つの分野のプロフェッショナルが、それぞれの専門知識やスキル、グローバルネットワークを活用しながら総力を結集して、国内外の会計・監査・税務・経営に関する知識や最新動向等を解説しています。

関連するコンテンツ

特集:経営課題となったサイバーリスク最前線

ビッグデータ、AI、IoTなど最先端技術によって、さまざまな事業体や個人がネットワークと繋がるようになった現代。ビジネスのネットワーク依存度は増す一方である。
そのような状況の中、サイバーリスクは一昔前とはまったく異なった様相を見せ始めている。デジタルの世界からフィジカルの世界へと拡張したのである。今や、サイバー攻撃はライフラインやインフラなどのシステムを危機に晒し、現実社会に悪影響を与えうる脅威に変質した。
国内外でのサイバー攻撃被害の発生とサイバーリスクの増大を受け、日本でも国を挙げてサイバーセキュリティ強化が始まったところだ。今回の特集では、企業に求められるサイバーセキュリティ経営、国のサイバー攻撃対策の現状、GDPRで企業が対応すべきことについてお伝えしたい。

KPMG Insight

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信