IASB、公開草案「会計方針の変更(IAS第8号の改訂案)」を公表 | KPMG | JP
close
Share with your friends

IASB、公開草案「会計方針の変更(IAS第8号の改訂案)」を公表

IASB、公開草案「会計方針の変更(IAS第8号の改訂案)」を公表

IFRSニュースフラッシュ - 国際会計基準審議会(IASB)は、2018年3月27日、公開草案「会計方針の変更(IAS第8号の改訂案)」(以下、本公開草案)を公表しました。本公開草案は、IFRS解釈指針委員会のアジェンダ決定に起因する任意の会計方針の変更を容易にするための改訂を提案するものです。なお、コメント期限は2018年7月27日です。

関連するコンテンツ

ポイント

本公開草案は、IAS第8号「会計方針、会計上の見積りの変更及び誤謬」に関して、以下の改訂を提案しています。
 

  1. アジェンダ決定に起因する任意の会計方針の変更を遡及適用しないことが許容される要件を追加
  2. 上記1.の要件の評価方法に関するガイダンスを追加
  3. アジェンダ決定公表後に会計方針の変更を適用するタイミングについて、IASBの見解を説明

改訂の経緯

アジェンダ決定に起因する会計方針の変更は、IAS第8号に照らして、任意の会計方針の変更として扱われます。IAS第8号は、会計方針の変更の影響の算定が実務上不可能でない限り遡及適用するよう要求しているため、アジェンダ決定に起因する任意の会計方針の変更を適用することは困難を伴うことがあります。
本公開草案は、アジェンダ決定に起因する任意の会計方針の変更を容易にするため、IAS第8号に関して、以下のような改訂を提案しています。

主な改訂の提案内容

遡及適用の対象外となる要件の追加(IAS8.23)

会計方針の変更がアジェンダ決定に起因するものである場合、当該変更を行った期間の影響又は累積的影響を算定するために企業に発生するコストが、遡及適用による財務諸表利用者の便益を上回る範囲において、遡及適用の対象外とすることが提案されています(IAS第8号第23項)。

コストと便益の評価方法に関するガイダンスの追加(IAS8.Appendix A.A6~A10)

IAS第8号第23項で言及されるコストと便益の評価方法のガイダンスを追加することが提案されています。具体的には下記の通りです。


(1)利用者の便益の評価における考慮要因の例示

  1. 変更の性質
  2. 変更の重要性
  3. 変更による影響が財務諸表の広範囲に及ぶか
  4. 変更が利用者の趨勢分析に使用される情報にどのような影響を与えるか
  5. 遡及適用の対象外とする範囲の拡大が利用者の意思決定に与える影響の程度


(2)企業で発生する算定コストの評価における考慮要因の例示

  1. 遡及適用に必要な情報が過度なコストや努力なしに合理的に入手可能か
  2. 遡及適用の対象外とする範囲の拡大が企業のコストと便益の評価分析の範囲拡大につながる影響の程度

会計方針の変更の適用タイミング(本公開草案BC18-BC22)

IASBは、アジェンダ決定に起因する任意の会計方針の変更を適用するタイミングについてIAS第8号に明記しないことを提案しています。その代わり、本公開草案の結論の根拠の中でIASBの見解を下記のように述べることを提案しています。

新しい、あるいは修正されたIFRSを適用するまでに十分な準備期間が与えられるべきであるのと同様に、アジェンダ決定に起因する会計方針の変更についても十分な準備期間が与えられるべきであると考える。どの程度の期間を十分な期間と考えるかについては判断を要するものであり、変更の性質にもよるが、アジェンダ決定の公表と同時に会計方針の変更を適用することを期待するのは一般的には不合理であると考える。例えば、ある年の6月に公表されたアジェンダ決定に起因する会計方針の変更を、期末日がその年の12月31日である会社の期中財務報告に適用することを期待するのは一般的には不合理であろう。

このページに関連する会計トピック

会計トピック別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

このページに関連する会計基準

会計基準別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

IFRSニュースフラッシュ

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信