消費者市場及び小売業 - IFRS第16号の適用(英語) | KPMG | JP
close
Share with your friends

消費者市場及び小売業 - IFRS第16号の適用(英語)

消費者市場及び小売業 - IFRS第16号の適用(英語)

この冊子は、新しいリースの基準書が消費者市場及び小売業に与える影響について記載し、洞察及び分析を提供しています。消費者市場及び小売企業は、2019年1月1日に適用となる新しいリースの基準書の潜在的な影響を過小評価するべきではありません。

関連するコンテンツ

KPMG InternationalのIFRGメンバーファームは、「Consumer markets and retail - Implementing IFRS 16」を公表しました。

新しいリースの基準書は、借手が2019年以降ほとんどのリースをオンバランスすることを要求しています。消費者市場及び小売企業では、リース負債の測定が大きな課題となっており、以下の事項を有するリースを含め、セクター特有の多くの契約が影響を受けることになります。

  • 解約及び更新オプション
  • 変動リース料 - 例:指数またはレートに基づくリース料

解約及び更新オプション

リース負債及び使用権資産(Right-Of-Use, ROU)は、リース期間が正しくない場合には虚偽表示となります。リース期間の評価は主観的なものです。借手は、解約または更新オプションについてリース期間が延長されることが合理的に確実か否かを判断する必要があるためです。この判断は、リースの解約または更新オプションが借手の通常の予測期間を超える場合に特に難しくなる可能性があります。

変動リース料

指数またはレート(例:市場の賃貸料率の見直しや消費者物価指数(CPI))に基づいて変化するリース料がリース負債に含まれる場合には、指数またはレートの変動について定期的に再測定が実施されます。
反対に、売上または使用に依拠する変動リース料(例:借手の売上の一定比率とする賃貸料)は、引き続き売上または使用の発生時に費用処理されます。

経過措置の選択肢

IFRS第16号は、様々な経過措置及び実務上の便法を含むことが特徴となっています。その多くはそれぞれ独立して選択することができ、一部はリース単位で選択することも可能です。
つまり、消費者市場及び小売企業は、多くの選択可能な組合せに直面する可能性があり、それによって移行は特に難しくなります。このプロセスにまだ着手していないのであれば、すぐに始めてください。選択する移行アプローチが純資産の帳簿価額及び移行後の損益の趨勢に重要な影響を与えることになるからです。

英語コンテンツの原文(英語)

このページに関連する会計トピック

会計トピック別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

このページに関連する会計基準

会計基準別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信