FASB - ASU第2018-01号「地役権に係る実務上の簡便法」を公表(英語)(米国基準) | KPMG | JP
close
Share with your friends

FASB - ASU第2018-01号「地役権に係る実務上の簡便法」を公表(英語)(米国基準)

FASB - ASU第2018-01号「地役権に係る実務上の簡便法」を公表(英語)(米国基準)

Defining Issues - このDefining Issuesは、FASBが地役権の会計処理及び移行措置に関するASU第2018-01号「地役権に係る実務上の簡便法」を公表したことについて記載しています。

関連するコンテンツ

KPMG InternationalのU.S. メンバーファームは「Final ASU on land easements issued」を公表しました。

このUS GAAPの改訂は、地役権が新しいリースの基準書(ASC第842号)の適用範囲に入ることを明確化し、実務上の簡便法を追加するものです。この実務上の簡便法は、従前は現行のUS GAAP(ASC第840号)に基づいてリースとして会計処理していなかった既存の及び期限が到来した地役権があるかまたはそのような地役権がASC第842号に基づくリースを含むかどうかを評価しないことを認めています。

英語コンテンツ(原文)

このページに関連する会計トピック

会計トピック別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

このページに関連する会計基準

会計基準別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

Defining Issues

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信