FASB - 貸手のリース要素の分離及び新しい移行措置に関するASU案を公表(英語)(米国基準) | KPMG | JP
close
Share with your friends

FASB - 貸手のリース要素の分離及び新しい移行措置に関するASU案を公表(英語)(米国基準)

FASB - 貸手のリース要素の分離及び新しい移行措置に関するASU案を公表(英語)(米国基準)

Defining Issues - このDefining Issuesは、FASBがリースの基準書の適用に際してコストを削減し適用を容易にするために2018年1月5日に公表した、リース要素及びリース以外の要素に関する貸手の会計処理及び新しい移行措置に関するASU案について記載しています。

関連するコンテンツ

KPMG InternationalのU.S. メンバーファームは「Proposed ASU on lessor separation of lease components and a new transition method」を公表しました。

このASU案は、一定の状況において貸手にリース要素とリース以外の要素とを分離しない選択肢を提供し、代替的な移行措置を選択する企業に移行の救済措置を提示するものです。

このページに関連する会計トピック

会計トピック別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

このページに関連する会計基準

会計基準別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

Defining Issues

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信