Mobility 2030: Beyond Transportation | KPMG | JP
close
Share with your friends

Mobility 2030: Beyond Transportation

Mobility 2030: Beyond Transportation

モビリティは、2030年までに大都市を中心として劇的な変化を遂げると広く考えられています。アニメーション(Vision for a future mobility ecosystem:日本語字幕付き)では、モビリティの未来の姿を思い描いています。

関連するコンテンツ

アニメーションでは、モビリティの未来の姿を思い描いています。そこでは移動手段が人々の暮らしに密着し、A地点からB地点へより安価、清潔かつ安全に移動することができます。私たちの移動は、プロダクティブかつ快適な日常生活の一部となるのです。

KPMGが紹介するのは未来の1つにすぎません。確実なのは、今が大転換期の幕開けであり、伝統的なビジネスモデルの変遷を私たちが目の当たりにするだろうということです。例えば、2種類のビジネス・モデルが、自動車メーカーの中において並存するかもしれません。将来の成功は、前例がない程の異業種間、そして官民を超えたコラボレーションからのみ生まれるとKPMGは考えます。

未来は刺激的ですが、その詳細はまだ決まっていません。ともに2030年のモビリティ・モデルを創りあげましょう。

英語コンテンツ(原文)

本稿は英語版(原文)のコンテンツを和訳したものです。日本語版と英語版との内容に相違がある場合は英語版が優先されます。

Mobility 2030: Beyond Transportation

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信