会計方針の変更(IAS第8号の改訂案) | KPMG | JP
close
Share with your friends

会計方針の変更(IAS第8号の改訂案) - IFRICニュース2018年6月

会計方針の変更(IAS第8号の改訂案)

IFRS解釈指針委員会ニュース(2018年6月) - 公開草案「会計方針の変更(IAS第8号の改訂案)については、2018年6月のIFRS-IC会議において審議されていません。

関連するコンテンツ

関連IFRS

IAS第8号「会計方針、会計上の見積りの変更及び誤謬」

概要

本公開草案では、以下の通り、アジェンダ決定に起因する会計方針の変更の取扱いについて、IAS第8号の改訂が提案されている(なお、IFRS-ICによるアジェンダ決定は、IFRS適用にあたり重要な示唆が含まれているが、強制力のない教育的なものと位置づけられている)。

  • アジェンダ決定に起因する任意の会計方針の変更について、一定の要件を満たす場合につき遡及適用しないことを許容
    • 任意の会計方針の変更は実務上不可能な場合を除き、遡及適用が原則である。しかし、当該変更を行った期間の影響又は累積的影響を算定するために企業に発生するコストが、遡及適用による財務諸表利用者の便益を上回る範囲において、遡及適用の対象外とすることを提案している。
  • 上記のコスト及び便益の評価における考慮要因の例示の追加
  • アジェンダ決定公表後に会計方針を変更するタイミング
    • アジェンダ決定に起因する会計方針の変更のタイミングについて、IAS第8号に明記しない。代わりに結論の根拠の中で、アジェンダ決定に起因する会計方針の変更について十分な準備期間が与えられるべきと考えられる旨等の記載を行う。

ステータス

審議の状況

公開草案公表中

コメント期限

2018年7月27日

このページに関連する会計トピック

会計トピック別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

このページに関連する会計基準

会計基準別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信