国税庁 - タックスヘイブン対策税制に係る Q&Aの公表 | KPMG | JP
close
Share with your friends

国税庁 - タックスヘイブン対策税制に係る Q&Aの公表

国税庁 - タックスヘイブン対策税制に係る Q&Aの公表

税源浸食と利益移転(BEPS: Base Erosion and Profit Shifting)プロジェクトの最終報告書を踏まえ、2017年度税制改正ではタックスヘイブン対策税制について制度全体にわたる改正が行われました。これを受け、国税庁は1月31日、新制度に関するQ&Aを公表しました。

関連するコンテンツ

この Q&Aでは、 2017 年度税制改正の内容等のうち「ペーパー・カンパニー等について」、「対象外国関係会社の判定に係る経済活動基準における航空機リースについて」及び「部分適用対象金額に係る合算課税の対象範囲について」の 3つの項目に関する疑問点について、全 15問の設問で掲げられた典型的な例を用いて説明されています。

この e-Tax Newsでは、 Q&Aの主な内容についてお知らせいたします。

内容

  1. ペーパー・カンパニー等について
  2. 対象外国関係会社の判定に係る経済活動基準における航空機リースについて
  3. 部分適用対象金額に係る合算課税の対象範囲について

KPMG Japan e-Tax News No.148 掲載

e-Tax News

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信