新年のご挨拶 | KPMG | JP

新年のご挨拶

新年のご挨拶

日本の皆様、あけましておめでとうございます。 2017年10月、KPMGインターナショナル会長に就任いたしました、ビル・トーマス(Bill Thomas)と申します。

関連するコンテンツ

ビル・トーマス

弊社は、変化の激しい時代において、我々の根幹をなす業務品質、革新、知見に注力しつつ、世界に広がるKPMGネットワークを通じて顧客の皆様の成長、変革に向けた取組みを支援して参りたいと考えております。

昨年を振り返りますと、世界経済は緩やかに持ち直しており、新興市場及び開発途上諸国・地域では、成長が加速すると予想されます。2018年も目標を下回るペースでありながらも世界経済の回復が見込まれていますが、構造的な人口問題、米欧の金利引上げ、労働ギャップや技術不足、(北朝鮮などの)地政学問題、世界各地で強まる国家主義、保護主義など、重要な課題に取り組んでいかなければなりません。これら全ては、世界的な成長を脅かしながらビジネスリスクをもたらし、新しい成長戦略の構築を迫るものでもあります。

一方、テクノロジー(AI、IoTなどの技術革新)の進展は、あらゆるビジネスを実質的にディスラプション(破壊)し、この勢いが既存・新規産業のビジネスモデルを急速に発展、そして変化させていくことはほぼ間違いありません。
このような変化の激しい時代を乗り越え更なる成長を掴みとるには、先進のテクノロジーを活用し、自社の強みと弱みを把握して異業種との連携を活かし、スピード感をもって事業展開できるかが問われています。

私たちKPMGも、自らの存在意義を表すPurpose(目的)である“Inspire Confidence, Empower Change「社会に信頼を、変革に力を」”という理念を世界の全スタッフで共有し、監査、税務、およびアドバイザリー業務を通じて、企業の皆様や社会の持続的成長に貢献できますよう、今後も価値あるサービスの提供に努めてまいる所存です。

本年が皆様にとってよき年でありますよう、心からお祈りしております。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信