公正価値測定 - IFRS と US GAAP(英語) | KPMG | JP
close
Share with your friends

公正価値測定 - IFRS と US GAAP(英語)

公正価値測定 - IFRS と US GAAP(英語)

IFRS 及び US GAAPに基づいて公正価値測定の要求事項を適用するためのガイダンスを提供します。

関連するコンテンツ

KPMG InternationalのIFRGメンバーファームは、「Fair value measurement - IFRS and US GAAP」を公表しました。

IFRS と US GAAPとの差異

公正価値測定は、IFRS と US GAAPとの実質的なコンバージェンスが達成されている領域です。
各々の基準は公正価値測定及び要求される開示についてのフレームワークを設けています。公正価値が要求されるまたは認められる時期は明示されていませんが、測定方法に関するガイダンスが提供されています。
IFRS と US GAAPは相互の差異を最小化しようとしていますが、このガイダンスと他の基準書との重複により、若干の差異が生じています。
Questions and answersの第3版(PDF 1.6 MB)は最新のガイダンスを提供し、その差異への対応を支援するものです。

課題は比較可能性
絶え間なく変化し続ける状況において、公正価値測定のグローバルな比較可能性を達成することは常に課題となっています。
公正価値測定は、固定的な規則ではありません。新しい価値評価の方法論が次々に創出され、改良されています。そのため、財務諸表の作成者は、評価手法の進展を注視し、市場参加者が検討するインプットの種類を適切に反映する評価モデルを確保する必要があります。
しかし、注視するのみでは十分とはいえません。規制当局は財務諸表の作成者に対し、公正価値測定の様々な領域(使用した仮定及び開示の適切性など)について頻繁に質問しています。

公正価値に関するQ&A
この最新版のQuestions and answers (PDF 1.6 MB)は、公正価値測定に焦点を当て、基準書の適用及びIFRSとUS GAAPとのいくつかの差異に注目したガイダンスを提供しています。

英語コンテンツ(原文)

このページに関連する会計トピック

会計トピック別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

このページに関連する会計基準

会計基準別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信