2017年のパフォーマンスと2018年の見通し | KPMG | JP

2017年のパフォーマンスと2018年の見通し

2017年のパフォーマンスと2018年の見通し

Brexitの株式市場へどのような影響があったか検討してみましょう。KPMGは、FTSE Index(株価指数)を独自に利用して、Brexit国民投票後の英国株に関する投資家の実際の需要を測定したものを示しています。

関連するコンテンツ

Index

  • KPMG Non-UK50は、FTSE100および250銘柄に含まれる、70%以上の収益を国外から得ている英国の大手上場企業で構成しています。
  • KPMG UK50は、FTSE100および及び250銘柄に含まれる、70%以上の収益を英国内から得ている英国の大手上場企業で構成しています。


2017年11月および12月のパフォーマンス

  • 2017年11月および12月は、KPMG Non-UK50 Indexが3.1%上昇。
  • KPMG UK50 Indexは、より緩やかに2.3%上昇。


2017年通期のパフォーマンス

  • KPMG Non-UK50 Indexは、1年間で14%上昇。
  • 対照的に、KPMG UK50 Indexは、わずかに2.1%上昇。


2016年のEU国民投票以降の動き

  • KPMG UK50は、3%下落。
  • KPMG Non-UK50は、38%も急上昇。

しかしながら、ポンド安の影響を排除するように調整されているため、KPMG Non-UK50のパフォーマンスはやや劣ります。FTSE全世界指数(USドル・ベース)に対して、双方のKPMG Index(同じくUSドル・ベース)を比較すると、事業の大半が海外である場合であっても、投資家は、英国で上場されている企業の見通しをわずかに低く評価しているようです。

2016年6月から18ヵ月間、USドル・ベースにおいて、FTSE全世界指数の価値は、26%上昇したことに対して以下のような状況でした。

  • KPMG Non-UK50は、25%上昇。
  • KPMG UK50は、12%下落。


2018年の見通し

世界経済の勢いは、2018年も積極性を維持し、これはKPMG Non-UK50 Indexの企業収益を後押しするものとなります。コモディティ価格も堅調さを維持することが予想され、それにより、Indexの大部分が恩恵を受けると思われます。2018年のカギとなる問題は、為替レートであり、これが企業のポンド換算における海外収益の価値に影響を与えると考えられます。2017年12月に承認された米国税制改正法および、英国内におけるBrexit交渉の行方に関する懸念は、ポンドの対USドル圧力を再度かけるものであり、Indexをさらに押し上げるものになり得ます。

一方で、仮に米国における税制改革のような政策変更がすでに株価に織り込まれ、大方の予想よりもBrexit交渉がスムーズに進んだ場合、さらなるポンドの巻返しが見られ、それにより潜在的な利益が抑制されるかもしれません。

KPMG UK50 Indexに含まれる英国企業を中心とする大手企業は、概してより穏やかな国内経済環境を享受することが想定され、英国経済は2017年と同等のレベルでの成長が期待されています。これは、2018年、Indexに関しても、同様のパフォーマンスとなることを意味しています。Indexの最大の構成基盤たる銀行業が、英国の利率のさらなる上昇から恩恵を受ける一方で、不動産および小売業者は、落ち着かない投資家の行動から影響を受け、Indexは、Brexitの協議の進展に伴う予想の変化に影響を受けやすい状態にもなり得ます。


KPMG英国 チーフエコノミスト Yael Selfinのコメント

高値で1年の幕を閉じたにもかかわらず、英国株式市場において2017年は比較的落ち着いた状況であり、KPMG UK50およびNon-UK50 Indexのパフォーマンスは、コモディティ価格の上昇によってその格差が継続し、これは、Non-UK50 Indexの主要な株価を押し上げることに一役買いました。

前を見据えれば、力強い世界経済の勢い、堅調なコモディティ価格、そして潜在的なポンド安、これらは、2018年における KPMG UK50およびKPMG non-UK50 Indexにおいては、さらなる格差を生む可能性があり、英国上場株式のさまざまな変化の要因を見出すことが、投資家にとって重要であることをはっきりと示しています。


本稿は英語版(原文)のコンテンツを和訳し、要約したものです。日本語版と英語版との内容に相違がある場合は英語版が優先されます。

KPMG Brexit FTSE Index:2017年のパフォーマンスと2018年の見通し

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信