BEPS移転価格文書の最終チェック Q&A100 | KPMG | JP

BEPS移転価格文書の最終チェック Q&A100

BEPS移転価格文書の最終チェック Q&A100

本書は、BEPS移転価格文書における課税リスクにつながり易い項目を中心に、記載上の落とし穴や税務調査への対応等を詳解しています。

パートナー

KPMG税理士法人

お問合せフォーム

関連するコンテンツ

書籍紹介

本書の特徴

  • 2018年3月に最初の提出等が行われるBEPS移転価格文書(事業概況報告事項・ローカルファイル・国別報告事項)の最終チェックに役立つ1冊
  • 税務当局の関心事項と移転価格調査につながる可能性のある記載事項を中心に、記載上の落とし穴や税務リスク管理などを詳解
  • 租税条約等に基づく情報交換や中国や米国におけるポイントも詳解
  • 知りたいこと・わからないことから読めるように100のQ&Aで解説
  • ポストBEPSにおける税の最適化を図る税務ガバナンスの構築にも言及

著者:KPMG税理士法人 角田 伸広 著
出版社:中央経済社
発行日:2017.11.30
体裁:A5判/280頁
定価:3,000円(税抜)

目次

第1章 BEPS移転価格文書の最終チェック

  1. BEPS移転価格文書の重点ポイント
  2. 事業概況報告事項の最終チェック
  3. ローカルファイルの最終チェック
  4. 国別報告事項の最終チェック
  5. 国税庁「同時文書化対応ガイド」での要求レベル

第2章 日本、中国及び米国での課税リスク

  1. 日本での課税リスク
  2. 中国での課税リスク
  3. 米国での課税リスク

第3章 ポストBEPSでの税務ガバナンスの構築

  1. グローバルな税務リスクへの対応
  2. コーポレートガバナンスの一環としての税務ガバナンス

本書のご注文につきましては直接出版社にお問合せいただくか、書店にてお求めください。

中央経済社

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信