アイランド・オブ・オートノミー - 自動運転車はどのように世界中の都市に出現するのか? | KPMG | JP

アイランド・オブ・オートノミー - 自動運転車はどのように世界中の都市に出現するのか?

アイランド・オブ・オートノミー - 自動運転車はどのように世界中の都市に出現するのか?

KPMGでは、将来、自動運転車と新たなモビリティサービスの登場により移動手段の選択技が広がり、消費者の自動車購入意欲は低下すると予測しています。

関連するコンテンツ

消費者は将来、自動車の購入を検討する際に自動車を所有することの利便性や快適性と、スマートフォンを使ってモビリティサービスを申し込む手間とを比較するようになり、自動車を購入するか、あるいは自動車を所有せず、モビリティサービスを移動手段として利用するかを選択する自由を手に入れることになります。

その結果、米国における自家用セダンの販売台数は急激に減り、2030年までに現在の540万台から210万台にまで減少するとKPMGでは予測しています。

さらに、レポートでは、米国の自動車市場は、これまでのような国や地域単位から、150を超える「アイランド・オブ・オートノミー」(島のように散在する自律型モビリティ社会)へと変化するとし、アイランド・オブ・オートノミーと呼ばれる大都市圏では、都市ごとに異なる消費者の移動ニーズが存在し、それらの移動ニーズは自律型モビリティサービスによって満たされます。

KPMG米国の自動車セクターリーダーのGary Silbergは、「破壊的革新をもたらす新たな交通手段、すなわち、完全自動運転車とモビリティサービスの組み合わせにより、全世界で1兆ドル規模の新たな市場が急速に形成されつつあります。ただし、この新しい交通手段は直ちに実現されるのではなく、また、何処でも実現するものでもありません。KPMGが『アイランド・オブ・オートノミー』と呼ぶ大都市圏で順次実現されていくでしょう。アイランドごとに異なる消費者ニーズに合った車種が求められるようになります。その結果、その地域の自家用車の車種構成、特にセダンは大きな影響を受けることになるでしょう」と述べています。

英語コンテンツ(原文)

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信