FSBが2017年度のG-SIIsリストを公表しないことを決定 | KPMG | JP
close
Share with your friends

FSBが2017年度のG-SIIsリストを公表しないことを決定

FSBが2017年度のG-SIIsリストを公表しないことを決定

2017年11月21日、金融安定理事会(FSB)は、2017年度のグローバルにシステム上重要な保険会社(G-SIIs)のリストを公表しないことを決定しました。

関連するコンテンツ

概要

FSBは、保険監督者国際機構(IAIS)および各国当局と協議のうえ、G-SIIsのリストを毎年更新し、11月に公表することとしていましたが、2017年度のリストは公表しないことを決定しました。2016年度のG-SIIsとして選定された9社に対しては、(1)2017年2月に更新されたより高い損失吸収能力(HLA)、(2)より強化されたグループ全体の監督、(3)グループ全体の再生・破綻処理計画と定期的な破綻処理可能性の評価が引き続き適用されます。

また、FSBは、IAISによるシステミック・リスクに対処するための活動ベースのアプローチの開発に期待しており、同アプローチが開発されることでシステミック・リスク評価、G-SIIsの選定や政策措置に重要な影響を与えると考えています。FSBは、2018年11月にその時点のIAISによる活動ベースのアプローチの状況をレビューする予定で、その間、IAISは、引き続きG-SII選定のためのデータ収集を行い、システミック・リスクに対処するための活動ベースのアプローチの開発を支援するとともに、、G-SII選定手法の更なる改良を行います。

参考:2016年度G-SIIsリスト

2016年度のG-SIIsは2015年度と同様に下記の9社が選定されました。2016年度のG-SIIsのリストは、2015年末時点のデータを使用したIAISの提案に基づいています。

  • Aegon N.V.
  • Allianz SE
  • American International Group, Inc.
  • Aviva plc
  • Axa S.A
  • MetLife, Inc.
  • Ping An Insurance(Group)Company of China, Ltd.
  • Prudential Financial, Inc.
  • Prudential plc

金融機関に関する最新情報

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信