IASB、「IFRSの年次改善」(2015年 - 2017年サイクル)を公表 | KPMG | JP

IASB、「IFRSの年次改善」(2015年 - 2017年サイクル)を公表

IASB、「IFRSの年次改善」(2015年 - 2017年サイクル)を公表

IFRSニュースフラッシュ - 国際会計基準審議会(IASB)は2017年12月12日、「IFRSの年次改善」(2015年-2017年サイクル)を公表しました。このIFRSの年次改善には、3つの基準書に対する改訂が含まれています。

関連するコンテンツ

IFRSの年次改善プロジェクトは、緊急度は低いものの、必要不可欠とIASBが考えるIFRSの改訂を1年間にわたって蓄積し、まとめて改訂を行うものです。このたびのIFRSの年次改善のうち、IAS第12号「法人所得税」及びIAS第23号「借入コスト」の改訂は、IFRSの年次改善プロジェクト(2015年 - 2017年サイクル)の成果として、2017年1月に公開草案が公表されており、寄せられたコメントを踏まえた再審議を経て最終化されたものです。また、IFRS第3号「企業結合」及びIFRS第11号「共同支配の取決め」の改訂は、2016年6月に公開草案が公表されており、寄せられたコメントを踏まえた再審議を経て最終化されたものです。

改定内容

  1. 資本に区分される金融商品に係る支払による法人所得税への影響(IAS第12号の改訂)
  2. 資産化に適格な借入コスト(IAS第23号の改訂)
  3. 共同支配事業に係る既存持分の再測定(IFRS第3号「企業結合」及びIFRS第11号「共同支配の取決め」の改訂)

執筆者

有限責任あずさ監査法人
会計プラクティス部

関連リンク

このページに関連する会計トピック

会計トピック別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

このページに関連する会計基準

会計基準別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

IFRSニュースフラッシュ

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信