IRSの監査規則がパートナーシップの過少納税に関する会計処理方法に与える影響(英語) | KPMG | JP

IRSの監査規則がパートナーシップの過少納税に関する会計処理方法に与える影響(英語)

IRSの監査規則がパートナーシップの過少納税に関する会計処理方法に与える影響(英語)

Defining Issues 17-27 - このDefining Issuesは、2018年に開始する会計年度の財務報告において、パートナーシップに必要となる可能性がある変更について記載しています。

関連するコンテンツ

KPMG InternationalのU.S.メンバーファームは「Recent IRS audit rules may affect how partnerships account for tax underpayments」を公表しました。

2015年超党派予算法が2017年12月31日より後に開始する課税年度から適用となるため、パートナーシップの監査に対するIRS(米国内国歳入庁)の規則により、過少納税に関する会計処理が変更される可能性があります。

このページに関連する会計基準

会計基準別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

Defining Issues

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信