IAISがICS Version 2.0の導入に向けたスケジュールを公表 | KPMG | JP

IAISがICS Version 2.0の導入に向けたスケジュールを公表

IAISがICS Version 2.0の導入に向けたスケジュールを公表

2017年11月2日、保険監督者国際機構(IAIS)は、保険資本基準(ICS)のVersion 2.0の導入に向けたスケジュールを公表しました。

関連するコンテンツ

概要

IAISは、国際的に活動する保険グループ(IAIGs)の監督のための共通の枠組み(ComFrame)の一環として、2014年からICSの開発に着手し、複数回にわたるコンサルテーション・ペーパーの作成、およびフィールドテストを通して、評価手法を固めてきており、2017年7月21日にICS Version 1.0を公表しました。

ICS Version 2.0については、2019年のIAIS総会で採択され2020年から導入することとされていましたが、2017年11月2日にIAISは、ICS Version 2.0の導入に関して2つのフェーズに分けて実施すること等、導入までのスケジュールを公表しました。

IAIS公表内容の概要

IAISは以下を公表しました。

  • ICS Version 2.0の導入を2つのフェーズに分け、2020年からの5年間はモニタリングフェーズ、2025年以降を導入フェーズとすることが合意された。
  • モニタリングフェーズでは、ICSは資本要件(PCR)として適用されず、IAIGsにはグループレベルの監督者に対しICS参照値の非公表ベースでの報告が課せられる。これは市場調整アプローチ(MAV)、標準的手法による所要資本および収斂された適格資本要件に基づく。
  • モニタリングフェーズには、グループレベルの監督者の選択によって、調整GAAPアプローチ(GAAP Plus)や内部モデルによるICSの追加報告が行われ、モニタリングフェーズの終了までにICSへの採用が検討される。
  • 導入フェーズよりICSはIAIGsのグループレベルのPCRとして適用される。
  • IAISは、グループ資本要件を開発するとする米国メンバーの声明を受け、当該要件とICSの比較可能性をモニタリングフェーズの終了までに評価するためのデータ収集を行うことに同意した。

ICS Version 2.0導入までのスケジュール

ICS Version 2.0導入までの今後のスケジュールは以下のとおりです。

  • 2018年4~6月:2018年フィールドテスト開始
  • 2018年中旬:包括的なComFrameコンサルテーション(ICS Version 2.0を含む)
  • 2018年7~9月:2018年フィールドテスト締切
  • 2018年下旬:ComFrameおよびICS Version 2.0のコンサルテーションへのコメント締切
  • 2019年3~4月:2019年フィールドテスト開始
  • 2019年7~9月:2019年フィールドテスト締切
  • 2019年11月:IAIS年次大会でComFrameの採択(ICS Version 2.0を含む)
  • 2020年~2024年:モニタリングフェーズ
  • 2025年以降:ICS導入フェーズ

参考情報へのリンク(外部サイト)

金融機関に関する最新情報

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信