IFRS 第16号 - リース料(英語) | KPMG | JP

IFRS 第16号 - リース料(英語)

IFRS 第16号 - リース料(英語)

リース負債の決定に際して、どのリース料をリース負債に含めるかにより借手に与える影響の大きさが決まります。この冊子は、リース負債の当初測定及び事後測定におけるリース料の決定方法の概要を多くの設例とともに記載しており、リース負債の決定に役立ちます。

関連するコンテンツ

KPMG InternationalのIFRGメンバーファームは、「IFRS 16 - Lease payments」を公表しました。

どのリース料をリース負債に含めるべきでしょうか?

IFRS第16号「リース」は、ほとんどのリースを貸借対照表に計上することを要求しています。リース負債は、リース料の現在価値で測定されます。しかし、どのリース料を、リース負債の当初測定及び事後測定に含めるべきでしょうか。

どのリース料をリース負債に含めるかによって、新しい基準書が借手に与える影響の大きさが決まります。

借手:実務の変更

新しい規定は、幸いにも多くの点で簡略となっています。例えば、借手は、売上、使用状況又はインフレ率によって決まる将来のリース支払額を予測する必要がありません。

ただし、詳細な規則は、重要な点で現行の実務とは異なっています。

重要な差異の1つは、特定のリース料がリース期間にわたって見直され、それに従ってリース負債が調整されることです。これにより、貸借対照表に変動がもたらされます。

改訂後のリース料を決定しリース負債を再計算するための新しいシステム及びプロセスも必要となります。

貸手:対価の配分

新しい基準書が貸手に与える影響は軽微です。

貸手にとっては、リース料を決定するための契約における対価の複数の構成部分への配分が重要となります。これは、開示のためにのみ問われることもありますが、この開示は、一部の貸手にとっては取扱いに注意を要する可能性があります。

このページに関連する会計トピック

会計トピック別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

このページに関連する会計基準

会計基準別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信