FTAの適用とHSコード | KPMG | JP
close
Share with your friends

FTAの適用とHSコード

FTAの適用とHSコード

HSコードとは、物品の帰属を表すコードで、世界各国で共通して理解できるように取り決められた番号です。すべての物品は一定の法則に従って、いずれかの番号に分類されます。輸入時にFTA税率を適用するためには、輸入貨物のHSコードを特定する必要があります。参照すべき統計品目表の年度は、協定によって異なるため注意が必要です。

関連するコンテンツ

1.HSの年度版

HSコードは、HS条約という国際条約によって規定されており、物品の変化に伴い、およそ5年ごとに改正されます。同じ物品でも年度版が異なればHSコードも異なってくる場合がありますので注意が必要です。

FTAごとに採用しているHS年度版は以下のように異なります。HSコードを確認するための第一ステップとして、まずは適用するFTAのHS年度版を確認する必要があります。

 

協定 HSコードのバージョン
日シンガポール協定 HS2002
日メキシコ協定 HS2002
日マレーシア協定 HS2002
日チリ協定 HS2002
日タイ協定 HS2002
日インドネシア協定 HS2002
日ブルネイ協定 HS2002
日フィリピン協定 HS2002
日ASEAN協定 HS2002
日ベトナム協定 HS2007
日スイス協定 HS2007
日インド協定 HS2007
日ペルー協定 HS2007
日オーストラリア協定 HS2012
日モンゴル協定 HS2012
TPP協定 HS2012
日EU協定 HS2017

2.HSコードの特定

FTA適用上ではHSコードの上6桁を使用します。一番大きい分類で上から2桁を「類」、4桁を「項」、6桁を「号」といいます。なお、HSコードの上6桁は世界共通のものですので、輸出国側でも輸入国側でも基本的には同一物品に対して同じHSコードが付されます。実務的なHSコードの確認方法としましては、税関ホームページの「統計品目表」等で、対象となる貨物が該当するコードを確認します。

執筆者

KPMG税理士法人
関税・間接税サービス
パートナー 梅辻 雅春
パートナー 神津 隆幸

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信