The Factory of the Future | KPMG | JP

The Factory of the Future

The Factory of the Future

インダストリー4.0は、サプライチェーンと生産プロセスをデジタルによって統合することを意味しています。基幹情報システムと生産プロセスの分断を克服し、製品設計と生産や物流のプロセス連携をいかに効率的に行うかといった課題に直面している多くの製造業が「フューチャーファクトリー」への取り組みを強化しています。

関連するコンテンツ

基幹業務システムと生産システムが完全に統合された「フューチャーファクトリー」においては、それらを取り巻く、顧客、販売チャネル、サプライヤー、OEM、研究開発部門なども統合することで、デジタル空間の中で生産プロセス全体をシミュレーションすることが可能になります。

本レポートは2つのパートから構成されています。

パート1では、インダストリー4.0の動向や必要性、企業にもたらすインパクトを解説するとともに、自社のサプライチェーンをデジタル化し、より付加価値の高いネットワークに変貌させるための、KPMGが考えるリファレンス・アーキテクチャを紹介しています。

パート2では、インダストリー4.0における製造業の役割やビジネスモデル、導入や運用のためにKPMGがサポートできることについて説明します。インダストリー4.0を推進する上でのポイント、経営層の役割についても触れています。

内容

パート1 インダストリー4.0 将来への課題

  1. 製造業の新しいドライバー
    1. 求められる能力
    2. 変革をもたらしている要因と企業の対応
  2. 問題解決のカギとなる、KPMGのカスタマー・トゥ・カスタマープロセス
    1. KPMGのカスタマー・トゥ・カスタマープロセスの概要
    2. プロセスの組織化
    3. まとめ - インダストリー4.0を成功に導くために

パート2 インダストリー4.0 将来に向けたソリューション

  1. KPMGのコンサルティングアプローチ - 統合的なサポートの提供
    1. デジタル化の実現
    2. 組織と業務オペレーションの再設計
    3. 人材:有能な従業員の確保
    4. 設備、調達拠点のインダストリー4.0への適合
    5. バリューチェーンの再構成
    6. ビジネス・モデルの調整と新しい収益モデルの開発
    7. インダストリー4.0における税対応
    8. サイバー・セキュリティ
    9. 複雑な法的要件への準拠
  2. 最高責任者レベルの課題
    1. CEOの課題
    2. COOの課題
    3. CFOの課題
    4. CIOの課題
    5. CHROの課題
    6. CLOの課題

英語コンテンツ(原文)

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信