UAE連邦課税庁によるVATおよびVATグルーピングに関するガイドの公表 | KPMG | JP

UAE連邦課税庁によるVATおよびVATグルーピングに関するガイドの公表

UAE連邦課税庁によるVATおよびVATグルーピングに関するガイドの公表

UAE連邦課税庁(FTA:Federal Tax Authority)は、付加価値税(VAT:Value Added Tax)等の登録手続とVATグルーピングに関するガイドを発行しました。

関連するコンテンツ

当該ガイドはFTAのウェブサイト(英語PDF:727kb)からダウンロードすることができます。
主な概要は以下の通りです。

  • 支店:支店は、本店(ないし支店が属する企業体)と区別されず一体として取り扱われます。したがって、VAT登録は支店名ではなく、本店(ないし支店が属する企業体)の名前で行われます。
  • 商業ライセンス:申請者は、企業名義で登録されたすべての商業ライセンスを申請する必要があります。
  • 所有者の詳細:申請者は、全ての所有者(株主)に関する情報を申請する必要があります。
  • 課税費用:VATは、課税売上高が375,000ディルハム超の場合に登録が必要となり、課税売上高または課税費用が375,000ディルハム以下で187,500ディルハム超の場合には、任意で登録することができます。この判定における課税費用は、VATの課税対象(5%または0%)になるものに限られます。
  • 政府機関:内閣の決定により指定された全ての政府機関は、前述の登録基準にかかわらず、VAT登録をする必要があります。
  • VATグルーピング:独立した複数の法人が、それぞれ以下の適格基準を全て満たしている場合、当該複数の法人は単一のVAT課税事業者として取り扱われます。
    事業基準:複数の法人はそれぞれが事業を営んでいる。
    法人基準:複数の法人はそれぞれが法人格を有している(すなわち、会社または類似の企業体でなければならない)。
    施設基準:複数の法人はそれぞれがUAE居住者である(すなわち、主要な事業拠点を有しているか、または継続的な事業拠点をUAEに有していなければならない)。
    関連企業およびコントロール基準:複数の法人は全て関連企業である(たとえば、株式、財務、組織的な関係があるなど)。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信