IFRICニュース September 2017 - IFRS解釈指針委員会ニュース | KPMG | JP

IFRICニュース September 2017 - IFRS解釈指針委員会ニュース

IFRICニュース September 2017 - IFRS解釈指針委員会ニュース

IFRS解釈指針委員会(IFRS-IC)での主要な審議事項を紹介し、また、IFRS-ICで取扱われているすべての論点のステータスを「論点サマリー」にまとめています。

関連するコンテンツ

2017年9月12日にIFRS解釈指針委員会(以下「IFRS-IC」)の会議が開催されました。
本稿では、主要な審議事項を紹介し、また、IFRS-ICで取り扱われているすべての論点の状況を「論点サマリー」にまとめています。なお、一部の論点は、今後のIFRS-IC会議等において、引き続き議論される予定です。

要約

2017年9月のIFRS-IC会議において、次の事項が決定された。

  • アジェンダ却下通知の公表
    親会社より後に子会社がIFRS初度適用企業となる場合の、換算差額累計額(IFRS第1号「国際財務報告基準の初度適用」に関連)
    公正価値の変動をその他の包括利益に表示する(FVOCI)選択に適格な金融資産(IFRS第9号「金融商品」に関連)
    法人所得税に関連する利息及び罰金(IAS第12号「法人所得税」に関連)
    販売促進活動のために取得された財(IAS第38号「無形資産」に関連)
  • アジェンダ却下通知案の公表
    不動産契約における収益認識(IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」に関連)
    関連会社に対する有形固定資産の現物出資(IAS第28号「関連会社及び共同支配企業に対する投資」に関連)

また、IASBは、2017年7月のIASB会議において、IFRS第9号「金融商品」に関連する認識の中止を生じさせない金融負債の条件変更/交換に関する論点について、最終基準化される「負の補償を伴う期限前償還要素(IFRS第9号の改訂案)」の「結論の根拠」において、追加的な基準の設定は行わないことをIASBが決定した旨を記載することを決定した。

その他、9月のIFRS-IC会議で議論された事項は次のとおりである。

  • 不利な契約に該当するか否かの判断において考慮されるコスト(IAS第37号「引当金、偶発債務及び偶発資産」に関連)
  • 公正価値測定における課税に関するキャッシュ・フローの取扱い(IAS第41号「農業」に関連)
    加えて、次の事項については2017年7月のIASB会議で審議が行われた。
  • 制度改訂、縮小または清算が生じた場合の再測定/確定給付制度からの返還の利用可能性(IAS第19号「従業員給付」、IFRIC解釈指針第14号「IAS第19号-確定給付資産の上限、最低積立要件及びそれらの相互関係」に関連)

PDFの内容

  1. 要約
  2. IFRIC解釈指針
  3. 会計基準の限定的改訂
  4. IFRSの年次改善
  5. アジェンダ却下通知
  6. 論点サマリー

IFRICニュース

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信