検認(Verification) | KPMG | JP

検認(Verification)

検認(Verification)

FTA/EPAの枠組みの中では、輸入貨物に係る原産地証明書の有効性について疑義がある場合、輸入国側の税関は、直接的又は間接的にその有効性について検認を行うことが認められており、輸出者又はその貨物の生産者は検認が行われた場合には、輸入国側の税関の求めに応じて原産地証明書の有効性を立証するための情報を提供する必要がある。

関連するコンテンツ

そこで輸出者又は生産者が、その貨物の原産性について輸入国税関がその有効性について納得するような情報を提供することができない場合、当初FTAの適用により軽減されていた関税のみならず、それに対するペナルティも合わせて課税される可能性がある。FTA/EPAの適用を受ける場合には、輸入国の税関からの検認も視野に入れた原産地管理が非常に重要になってくる。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信