付加価値基準(Value Added) | KPMG | JP

付加価値基準(Value Added)

付加価値基準(Value Added)

貨物を原産品と認定するための実質的な変更基準の1つで、製品の生産過程において、十分な価値(付加価値)が加えられるような加工が締結国で行われた場合に、その製品を原産品と判定する基準である。

関連するコンテンツ

各FTA/EPA協定によって付加価値割合の計算方法が定められており、その計算式により算定された付加価値割合が、一定の閾値を超えていれば原産品と判定される。

付加価値割合の計算式の一例:
付加価値割合=(輸出製品の価額 - 非原産材料の合計価額)/輸出製品の価額

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信