化学メーカーの収益(米国基準)(英語) | KPMG | JP

化学メーカーの収益(米国基準)(英語)

化学メーカーの収益(米国基準)(英語)

この冊子は、ASC第606号「顧客との契約から生じる収益」の適用に関する洞察について記載しています。新しい収益認識の基準の適用日が近づいているため、化学産業の最も重要な問題点について報告します。

関連するコンテンツ

KPMG InternationalのU.S. メンバーファームは「Revenue for chemical manufacturers」を公表しました。

適用対象

適用日

強制適用日及び早期適用に関する規定

適用日 公開営利企業及び一部の非営利企業 他のすべての企業
右記以降開始する事業年度 2017/12/16 2018/12/16
右記以降開始する事業年度に含まれる期中期間 2017/12/16 2019/12/16
早期適用は、右記以降開始する事業年度から認められる。 2016/12/16 2016/12/16

主な影響

  • 新しい会計モデルは、収益認識の時期に影響を与える可能性があります。
  • 数量リベート及び割引は、収益の繰延を生じさせる可能性があります。
  • 価格変化の会計処理は、その性質及びメーカーの価格設定によりばらつきが生じることになります。
  • テイク・オア・ペイ契約により、複数契約を1つの契約として会計処理することが義務付けられる可能性があります。

内容

  1. 化学メーカーに固有の問題点
  2. 拡大される開示
  3. 適用日及び移行措置
  4. 組織に与える影響

執筆者

会計プラクティス部

英語コンテンツ(原文)

米国基準のトピック

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信