IASB、公開草案 「『重要性がある』の定義(IAS第1号及びIAS第8号の修正案)」を公表 | KPMG | JP

IASB、公開草案 「『重要性がある』の定義(IAS第1号及びIAS第8号の修正案)」を公表

IASB、公開草案 「『重要性がある』の定義(IAS第1号及びIAS第8号の修正案)」を公表

IFRSニュースフラッシュ - 国際会計基準審議会(IASB)は、2017年9月14日に公開草案「『重要性がある』の定義(IAS第1号及び第8号の修正案)」を公表しました。

関連するコンテンツ

本公開草案では、『重要性がある』の定義を明確化し、既存の要求事項への理解を改善することを目的として、IAS第1号「財務諸表の表示」及びIAS第8号「会計方針、会計上の見積りの変更及び誤謬」に軽微な修正を加えることを提案している。本公開草案に対するコメント期限は2018年1月15日である。

要約

本公開草案は、IAS第1号及びIAS第8号に以下の修正を加えることを提案している。

  • 『重要性がある』の定義を以下の通りに変更する
    「情報は、その脱漏、誤表示又は覆い隠すことにより、特定の報告企業に関する一般目的財務諸表に基づいて主要な利用者が行う意思決定に合理的に影響を与えると想定される場合には、重要性がある。」
  • 『重要性がある』の定義に付随するIAS第1号第7項及びIAS第8号第6項の説明を明確化する

なお、本修正提案は、既存のガイダンスに基づくものであり、重要性の判断の方法や企業の財務報告に重要な影響を与えることを意図していない。

PDFの内容

  1. 要約
  2. 提案の背景
  3. 公開草案の内容

執筆者

有限責任 あずさ監査法人
会計プラクティス部

このページに関連する会計トピック

会計トピック別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

このページに関連する会計基準

会計基準別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

IFRSニュースフラッシュ

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信