関税分類変更基準(Change in Tariff Classification) | KPMG | JP

関税分類変更基準(Change in Tariff Classification)

関税分類変更基準(Change in Tariff Classification)

貨物を原産品と認定するための実質的な変更基準の1つで、製品のHSコードと、その製品の生産に使用された非原産材料のHSコードが異なる場合に、その製品を原産品と判定する基準である。

関連するコンテンツ

一般的に、その変更の程度に応じて以下の3パターンがある。略称、CTCルール(Change in Tariff Classification Rule)とも言う。

  • HSコードの上2桁(「類」)の変更(CC:Change in Chapter)
  • HSコードの上4桁(「項」)の変更(CTH :Change in Tariff Heading)
  • HSコードの上6桁(「号」)の変更(CTSH:Change in Tariff Sub Heading)

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信