フランチャイズ運営企業の収益(米国基準) | KPMG | JP

フランチャイズ運営企業の収益(米国基準)

フランチャイズ運営企業の収益(米国基準)

収益に関する新基準(米国基準)の適用日が近づき、KPMGでは各産業に与える影響の考察を行っています。この冊子を読むことにより、フランチャイズ運営企業に最も重要な、かつ現時点で検討しなければならない論点のいくつかについて理解を深めてください。

関連するコンテンツ

適用対象

フランチャイズ運営企業
Applying the new revenue recognition standard

適用日

強制適用日及び早期適用に関する規定

適用日 公開営利企業
及び
特定の非営利企業
他のすべての企業
右記以降開始する事業年度 2017年12月16日 2018年12月16日
右記以降開始する事業年度に含まれる期中期間 2017年12月16日 2019年12月16日
早期適用は右記以降開始する事業年度から認められる 2016年12月16日 2016年12月16日

主な影響

  • ASC 952-605におけるフランチャイズ運営企業の収益のガイダンスは置き換えられています。
  • まったく新しい会計モデルは、収益認識の時期、特に前払フィーの収益認識に影響を与える可能性があります。
  • 売上ベースのロイヤルティは、通常はフランチャイズ加盟者の売上が発生した時点で認識されることになります。
  • 履行義務は新しい会計単位となります。初期段階の活動及びフランチャイズ加盟者への継続的な+E27財またはサービスが影響を受ける可能性があります。
  • 広告ファンドの拠出及び費用に関する会計処理は、ほとんどのフランチャイズ運営企業で変更されます。
  • フランチャイズ契約の条件変更及び譲渡の評価に、新しいフレームワークが適用されます。

内容

  1. フランチャイズ運営企業に関する個別の論点
  2. 範囲が広がる開示
  3. 適用日及び移行措置
  4. 企業組織に与える影響

米国基準のトピック

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信