製薬産業の展望2030:進化から革命へ | KPMG | JP

製薬産業の展望2030:進化から革命へ

製薬産業の展望2030:進化から革命へ

製薬会社が2030年に生き残り、成功するためには根本的な変化が必要です。

関連するコンテンツ

製薬産業の現在の収益予測は、ビジネスモデルや経営モデルだけでなく、市場の混沌とした状況を反映していないため、予想を大幅に下回るだろうとKPMG は考えています。

政府と保険会社が、製薬会社に対して価格を下げ、治療価値を高めるよう圧力をかけるという医療バリューチェーン全体におけるパワーバランスの変化。治療から予防、診断、治癒へと向かう動きが次第に強まり、セクター内外から数多くの新規参入者を引き寄せるという変化。この2つの劇的な変化が製薬産業に影響を与えています。

ポイント

この状況に対処するため、組織は下記3つの「アーキタイプ(原型)」を選ぶ必要があります。

  1. アクティブ・ポートフォリオ企業
  2. バーチャル・バリューチェーンの指揮者(管理者)
  3. ニッチ・スペシャリスト

最もふさわしいアーキタイプ(原型)を受け入れ、破壊に熟達することができた会社が、真の価値を生み出す可能性が最も高くなります。

 

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信