源泉税と租税条約にかかるPractice Noteの発行 | KPMG | JP
close
Share with your friends

源泉税と租税条約にかかるPractice Noteの発行

源泉税と租税条約にかかるPractice Noteの発行

マレーシアニューズレター - マレーシア税務当局(IRB)は、本年1月17日より適用されている源泉税(109B)の課税範囲拡大に関連して、一部の租税条約(Double taxation avoidance agreements:DTAAs)との解釈を明確化したPractice Noteを6月23日付で発行しております。

関連するコンテンツ

源泉税と租税条約にかかるPractice Noteの発行

マレーシア税務当局(IRB)は、本年1月17日より適用されている源泉税(109B)の課税範囲拡大に関連して、一部の租税条約(Double taxation avoidance agreements:DTAAs)との解釈を明確化したPractice Noteを6月23日付で発行しております。

当該Practice Noteにおいて、シンガポール‐マレーシア間の租税条約(Article 13)を適用した例示があり、テクニカルサービスにかかる支払について、当該サービスがマレーシア国外で提供されている場合、源泉税(109B)の課税権が制限されることが明確化されております。なお、個々の租税条約の適用については、Tax Agentへの確認が肝要となります。

詳細については以下のPractice Noteをご参照ください。

PRACTICE NOTE NO. 1/2017(英語PDF:72kb)

マレーシアニューズレター

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信