IAISが「ICP24改定のコンサルテーション・ペーパー」を公表 | KPMG | JP

IAISが「ICP24改定のコンサルテーション・ペーパー」を公表

IAISが「ICP24改定のコンサルテーション・ペーパー」を公表

2017年8月1日、保険監督者国際機構(IAIS)は、保険基本原則(ICPs)のICP24(マクロ健全性の監視および保険監督)の改定にあたってコンサルテーション・ペーパーを公表しました。意見募集の締切は2017年10月1日となっています。

関連するコンテンツ

ICPsの概要と改定の背景

ICPsはIAISが策定する国際的な保険規制のフレームワークです。ICPsはハイレベルな原則ベースの基準であり、IAISのメンバーは、自国の監督フレームワークにICPsを組み入れることが期待されています。現在のICP24は2011年に策定されたものです。
今回のコンサルテーションは2015年9月にIAISが採用したテーマ別アプローチ(テーマ別に、ICPs・ComFrame・グローバルにシステム上重要な保険会社グループ(G-SIIs)パッケージの3階層の規制を、横断的に開発を行うアプローチ)に基づくものです。
また、今回の改定はIAISが2017年2月に公表した「システミック・リスク評価と政策に関するワークプラン」における3年毎のシステミック・リスク評価手法の見直しの一環でもあります。IAISは保険セクターにおけるシステミック・リスク評価の活動ベースのアプローチを開発中です。

このワークプランは、2019年に採用されるICPsとComFrame(ICSバージョン2.0を含む)の一環としての潜在的にシステミック・リスクの高い活動に対処するための政策措置を含み、IAISの作業が完了次第、関連するICPsが見直されます。

改定概要

コンサルテーション・ペーパーで提案されている新たなステートメント(Statements)及び基準(Standards)は以下の通りです。


ステートメント

  • ICP24:監督者は、保険者および保険市場に影響を与えうる市場および金融の変化ならびにその他の環境要因を特定・監視・分析し、個々の保険会社の監督においてマクロ健全性の視点を有するためにこの情報を利用する。

 

基準

  • ICP24.1:監督者は、ミクロ経済・マクロ経済・セクター横断的なデータを収集することによって、保険セクターにおける基礎的なトレンドを特定する。
  • ICP24.2:監督者は、現在および過去の傾向のみならず現在のリスク環境を考慮した市場分析を行う。監督者は、将来シナリオの開発に市場分析を活用する。
  • ICP24.3:監督者は、全体的な監督プロセスの一環としてのマクロ健全性のリスクが適切に評価されるように、データの定性分析と定量分析の双方を行う。
  • ICP24.4:監督者は、必要かつ実行可能な場合に、保険市場に関するデータを集計し、集計データを公表する。
  • ICP24.5:監督者は、マクロ経済の脆弱性および、保険者の健全な予防措置または保険セクターの財務安定性へ影響する財務・非財務リスクを評価する。
  • ICP24.6:監督者は、保険者の潜在的なシステム上の重要性を評価するための確立されたプロセスを有している。
  • ICP24.7:監督者が保険者をシステム上重要と特定した場合、監督者は、保険者のリスクの性質と程度に応じた適切な監督上の対応を策定する。

金融機関に関する最新情報

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信