「ハイプ」を超えて - インダストリー4.0:幻想と現実を区別する | KPMG | JP

「ハイプ」を超えて - インダストリー4.0:幻想と現実を区別する

「ハイプ」を超えて - インダストリー4.0:幻想と現実を区別する

KPMGが実施したインダストリー4.0(i4.0)ベンチマーク調査から、製造業のエグゼクティブが抱いているi4.0に対する幻想と変革に向けた行動との間に大きなギャップが存在していることが分かりました。

関連するコンテンツ

現在の製造業界にあって、「インダストリー4.0」を耳にしたことがないという人はいないでしょう。業界のカンファレンスや業界誌に始まり、取締役会や株主総会に至るまで、i4.0 は常に検討事項の筆頭に挙げられており、エグゼクティブには、i4.0 を適応し、そこから競争優位を実現しなければならないという巨大な重圧がのし掛かっています。


このような環境の中で、製造業のエグゼクティブは、i4.0に対する「ハイプ(誇張・煽り)」と現実を区別する必要に迫られています。リスクと機会の全容を明確に把握すると共に、競合企業が顧客価値の増大と競争優位の獲得を目指して何を実行しているかを理解する必要があるのです。


『「ハイプ」を超えて - インダストリー4.0:幻想と現実を区別する』では、市場全体にわたる現在のi4.0 の採用状況や準備状況について現実に即した視点からの展望を提示します。また、今日の市場を先導するリーディング企業が、総合的なi4.0 戦略をどのように利用して、ビジネスモデル、オペレーティングモデル、バリューチェーンに変革をもたらしているかを解説すると共に、テクノロジー主導の市場の中で適応と競争優位の実現を目指す企業に対して、実践的なアドバイスも提供します。


ご関心がある方は、PDFを公開していますのでご覧ください。

内容

  1. 概要:ギャップを明らかにする
  2. 戦略:業務遂行能力(パフォーマンス)に焦点を合わせる
  3. 価値:スケールアップ
  4. 変化:影響の管理
  5. 製品:スマート製品とスマートプロセス
  6. サプライチェーン:i4.0の価値向上

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信