チェコ Tax & Legal Update ニューズレター(2017年6月号) | KPMG | JP

チェコ Tax & Legal Update ニューズレター(2017年6月号)

チェコ Tax & Legal Update ニューズレター(2017年6月号)

6月号はチェコにおける税法上の最新動向として、新しい所得税法、新しい投資インセンティブ、BEPS防止に関連したチェコ共和国の立ち位置(ミニマム・スタンダード・アプローチ)、オンラインデータ保護のためのe-Privacyなどの動向について概説します。日本語抄訳となりますので詳細はウェブリンク(英文)をご参照ください。

関連するコンテンツ

チェコにおける事業展開を考察する際に参考になるような最新動向を、Tax・Legal・Case Lawに区分し、それぞれのトピックにおける日本語要約版および英語解説文(ウェブリンク)を紹介します。

Tax

新しい所得税法:何が期待される?

新所得税法の施行は、チェコ財務省にとって長きにわたる優先事項でした。関係筋によれば、新法の文言は準備・審議中であり、秋の国政選挙後の新財務大臣の就任までにはまとまる見込みです。

New Income Tax Act: what to expect?

 

新しい投資インセンティブとは?

現在、チェコにおいて、投資インセンティブの改訂が議論されています。投資インセンティブは、既存の事業の拡大や新しい生産設備の導入により、タックスホリデーが可能になるため、主に製造業に従事する投資家から高く評価されています。改訂の理由や、予想される投資インセンティブの改訂内容や実施のタイミングについてはウェブリンク(英語版)をご参照ください。

New investment incentives?

 

チェコ共和国はミニマム・スタンダード・アプローチを選択

2017年5月中旬、政府は税源侵食と利益移転(BEPS)を防止するために租税条約関連措置を実施するための多国間条約締結の提案を承認しました。本件の正式署名を目前として、チェコは現在最低限の範囲でのみ当該条約に加わっています。

MLI: Czech Republic choses minimum standard approach

Legal

オンラインデータ保護のためのe-Privacy

2017年初旬、欧州委員会は、一般データ保護規制(GDPR)に対する特別規制であるe-Privacy規制にかかる最初の公式草案を発表しました。これらはともに2018年5月25日には発行されている予定です。しかしながら、当該e-Privacyについては、立法プロセスは初期段階にすぎない一方で、GDPRはすでに成立しています。したがって、(GDPRに比べ適用準備までの)期限は短い状況にあります。

e-Privacy to protect online data

チェコニューズレター

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信