German Business Bulletin Vol.94 | KPMG | JP

German Business Bulletin Vol.94

German Business Bulletin Vol.94

ドイツニューズレターでは、ドイツにおける会計、税務、法務、労務環境等の最新動向をテーマとしています。今号のGerman Business Bulletin Vol.94では、国際税制、付加価値税、監査、一般的なトピック、短信などを盛り込んで解説します。

関連するコンテンツ

今号の掲載コンテンツでは、国際税制、付加価値税といった2つのテーマを中心に解説しています。
国際税制では、2016年12月22日付で連邦財務省が発表した、独立企業原則の見地から、本社とその(国外)恒久的施設間の利益配分に関する指針を発表したことや、ドイツ営業税法第9条7号が、「資本移動の自由」に適合するかについての先決裁定を、ミュンスター地方税務裁判所がEUの欧州司法裁判所に付託したことについて解説しています。また付加価値税では、ドイツ連邦税務裁判所がドイツの委託在庫への納品は、一定の条件を満たす場合、必ずしもドイツ国VATの対象とならないと発表をした判決について解説しています。そのほか、ドイツ連邦官報から公表された連結状況報告書における非財務情報の報告強化に関する法律についても解説しています。

執筆者

KPMG Global Japanese Practice in Germany
KPMGドイツ 日系企業担当チーム

ドイツ

ドイツ

グローバル・ジャパニーズ・プラクティス - 駐在経験者を中心に、駐在員および現地プロフェッショナルと連携して効果的なサービスを提供します。

German Business Bulletin

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信