詳細解説 IFRS開示ガイドブック | KPMG | JP

詳細解説 IFRS開示ガイドブック

詳細解説 IFRS開示ガイドブック

我が国におけるIFRSの任意適用企業は順調に拡大しており、近年、企業情報の開示の在り方に関する関心が高まる中、IFRSが要求する開示情報の意義やそれに関連する解釈、具体的な開示方法についてのニーズが高まっています。

関連するコンテンツ

書籍紹介

本書は、そのような期待に応えるIFRSの開示の専門書として、IFRSの開示事項に関する考え方を解説し、定説がない場合には、必要に応じあずさ監査法人の見解を示しています。また、図解、設例等によるわかりやすい解説を心がけ、開示事項の理解のため、実際の開示事例の紹介にとどまらず、開示事例の分析結果についても記載しています。

著者:あずさ監査法人(編)

出版社:中央経済社

発行日:2017.7.25

体裁:A5判・856頁

定価:8,600円(税抜)

目次

第1章 IFRS任意適用制度の概要及び法定開示作成にあたっての留意事項
第2章 財務諸表
第3章 財政状態計算書に関連する事項
第4章 包括利益計算書に関連する事項
第5章 金融商品
第6章 他の企業への関与の開示
第7章 その他
第8章 期中財務報告
第9章 初度適用
第10章 新基準によって置き換えられた現行基準

本書のご注文につきましては直接出版社にお問合せいただくか、書店にてお求めください。

中央経済社

出版物のご案内

出版物のご案内

KPMGジャパングループ各社が出版した書籍をご案内しています。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信