FTSE fortunes:2016年6月の国民投票から1年間におけるBrexitの影響の考察 | KPMG | JP

FTSE fortunes:2016年6月の国民投票から1年間におけるBrexitの影響の考察

FTSE fortunes:2016年6月の国民投票から1年間におけるBrexitの影響の考察

去年6月のEU離脱の是非を問う国民投票後、KPMGは、投票結果による上場企業の株価への影響を測定するために2つのインデックスを開発しました。グローバル企業を中心とするFTSE100銘柄は、ポンド安がドル・ユーロ建ての収益を押し上げた影響で好調な動きを見せましたが、英国事業中心のFTSE250銘柄の多くは不調な動きとなりました。

関連するコンテンツ

KPMGは、Brexit(英国のEU離脱)が英国株の購買意欲と為替変動リスクに及ぼす影響を測定するため、以下の2つのインデックスを開発しました。

  • KPMG Non-UK50:FTSE100および250銘柄に含まれる英国の大手上場企業のうち、海外事業(英国外)の収益が全体の70%以上を占める企業で構成しています。
  • KPMG UK50:FTSE100および250銘柄に含まれる大手上場企業のうち、英国事業の収益が全体の70%以上を占める企業で構成しています。

KPMG UK50およびKPMG Non-UK 50 インデックス

KPMG UK50とKPMG Non-UK50におけるインデックス間のギャップと実効為替レート

EU離脱の是非を問う国民投票後の1年間に、KPMG Non-UK50インデックスは28%上昇しました。これはポンドが対ユーロで13%、対米ドルで15%下落した影響などによるものと考えられます。この上昇率はFTSE100銘柄全体での17%という見事な上昇率を大きく上回るものでした。一方、KPMG UK50インデックスは5%下落し、33ポイントの差がつきました。昨年8月にはわずか16ポイントだった差は1月下旬には32ポイントまで広がり、12ヵ月の平均は26ポイントでした。


総選挙以降、これらのインデックスは比較的安定しており、KPMG UK50は2.3%の下落、KPMG Non-UK50は0.1%上昇にとどまりました。この2.5ポイントの差は、2017年6月8日に実施された英下院・解散総選挙以降の政情不安を受け、ポンドが下落したことが影響したものと考えられます。


全般的に、UKとnon-UKインデックスはBrexitプロセスに関する予測に沿って動いています。上記グラフはこの2つのインデックス間の差が貿易加重平均為替レートの動きと近似していることを示しています。値が上昇しているタイミングが示すように、この測定値はBrexit関連の動きに極めて敏感に反応しています。


2017年4月末以降、KPMG UKとNon-UKインデックス間の差は広がっており、貿易加重平均為替レートの下落に伴い拡大しています。これはポンドが対ユーロで下落した影響です。一連のポジティブな経済データと、フランスの選挙に関連した政治リスクの払拭により、ユーロ圏経済の見通しは明るくなりました。その一方で、2017年第1四半期の個人消費の低迷といった英国経済の不況を示すデータは収益の大半を海外事業から得ている企業の魅力をさらに高めることとなりました。

KPMGインデックスのユーロ・ベースに調整後数値による他のインデックスとの比較

KPMG Non-UK50のパフォーマンスは、国際的な水準から見ても驚異的なものであり、DAX、Nikkei225、FTSE100、CAC40、S&P500といった世界の主要なインデックスの値を上回っていました。ただし欧州の投資家にとっては、投資をユーロ建てに戻した場合、為替レートの変動部分が排除されることになるため、上記のグラフが示すようにKPMG Non-UK50のパフォーマンスはそれほど好調な値ではなくなります。


調整後のKPMG UK50およびKPMG Non-UK50インデックスは、いずれもCAC40とDAXを下回っています。今のところ、この2つのインデックスは経済と政治の両方の影響を受けて動いています。もし市場環境が、今後も選挙の結果として「よりソフトな内容」のBrexitの可能性を認識した場合、英国経済への期待の高まりに伴いポンドが上昇する可能性があります。そうなれば、海外収益の比率が高い企業の優位性は下がり、英国事業を中心とする企業への追い風となります。


KPMGは2017年8月にこれらの2つのインデックスのパフォーマンスを公表する予定です。2つのインデックス間の差が縮まるかどうか、今後の展開にご注目ください。

関連リンク

※本稿は英語版が原文であり、日本語版と英語版に相違がある場合は英語版が優先されます。

Brexit(英国のEU離脱)に関する解説

Brexit(英国のEU離脱)に関する解説

Brexitの概要、企業に与える影響、今後の課題などについて、日本語による最新情報を掲載します。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信