ASC第606号「顧客との契約から生じる収益」及びASC第842号「リース」の早期適用に関する、一定の ... | KPMG | JP

ASC第606号「顧客との契約から生じる収益」及びASC第842号「リース」の早期適用に関する、一定の公開営利企業に対する免除規定

ASC第606号「顧客との契約から生じる収益」及びASC第842号「リース」の早期適用に関する、一定の ...

Defining Issues 17-12 - このDefining Issuesは、SECが、一定の公開営利企業(財務諸表または財務情報がSECへのファイリングに含まれることのみを理由として、公開営利企業の要件を満たす場合)に、ASC第606号及びASC第842号の早期適用に対する免除規定を認めたことについて記載しています。

関連するコンテンツ

適用対象

財務諸表または要約財務情報がSECへのファイリングに含まれることのみを理由として、公開営利企業(Public Business Entities)の定義を満たす非公開企業。次のような場合が該当します。

  • SEC登録企業が持分法を適用して会計処理する投資先であり、SECへのファイリングにその要約財務情報が含まれることになる重要な非公開企業
  • SEC登録企業が2018年に取得する重要な非公開企業(事業)

適用日

投資企業 投資先企業
ファイリング区分 適用日 ファイリング区分 適用日
SEC登録企業 2018年 SEC登録企業 2018年
SEC登録企業 2018年 SEC非登録企業 2018年または2019年
SEC登録企業 2018年 新興企業(EGC) 2018年または2019年
新興企業(EGC) 2018年または2019年 SEC登録企業 2018年
新興企業(EGC) 2018年または2019年 SEC非登録企業 2018年または2019年
新興企業(EGC) 2018年または2019年 新興企業(EGC) 2018年または2019年

主な影響

財務諸表または財務情報がSECへのファイリングに含まれることのみを理由として、公開営利企業の要件を満たす非公開企業に限り、ASC第606号及びASC第842号に対する免除規定を適用することができます。免除規定が適用されるのはASC第606号及びASC第842号のトピックに対してのみであり、他の新しいFASB ASUは適用対象外となります。

内容

  • 適用対象
  • 主な内容及び影響
  • 公開営利企業(Public Business Entities)
    • SECスタッフのアナウンスメント
    • 持分法により会計処理する投資
    • 投資企業の持分法の選択
    • 適用日及び移行方法の相違は認められるか
    • 新興企業(Emerging Growth Companies, EGC)
    • 取得した事業
  • 他の会計基準

米国基準のトピック

Defining Issues

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信