ASBJ「適用後レビューの計画策定に係る意見募集文書に寄せられたコメントへの対応の取りまとめ」を公表 | KPMG | JP

ASBJ「適用後レビューの計画策定に係る意見募集文書に寄せられたコメントへの対応の取りまとめ」を公表

ASBJ「適用後レビューの計画策定に係る意見募集文書に寄せられたコメントへの対応の取りまとめ」を公表

会計・監査ニュースフラッシュ - ASBJは、平成29年6月22日、「適用後レビューの計画策定に係る意見募集文書に寄せられたコメントへの対応の取りまとめ」(以下「本文書」)を公表しました。

関連するコンテンツ

ASBJは、適用後レビューの計画の策定にあたり、平成29年1月12日に、「企業会計基準等に関する適用後レビューの計画策定についての意見の募集」を公表しましたが、本文書は意見募集に寄せられたコメントへの対応を検討し、その対応を取りまとめたものです。

適用後レビューの計画の方向性

本文書では、コメントの対応を踏まえ、「適用後レビューの計画の方向性」として、今後、開示に関する適用後レビューを実施する方向性で、詳細な計画を策定する予定としています。開示に関する適用後レビューを実施する場合のプロセスとして、例えば、以下が考えられるとしています。

  • 日本基準のこれまでの開示規定について、個々の会計基準において開示を要求している目的や背景を分析したうえで、全体として整合性が図られているかを分析する。
  • 上記の分析結果に基づき、市場関係者から意見を聴取し、その結果も踏まえ、基準開発において対応すべき事項があるか否かを識別する。

日本基準のトピック

会計・監査ニュースフラッシュ

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信